スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

名優を目指す


ランキング参加中↑ 
一押し頂けたら大変うれしいですm(^^)m





俳優という商売の魅力は、“ナニモノ”にでも

なれることではないでしょうか。




中学2年の時、演劇クラブに所属していた私は、

人前で初めて、演技を披露しました。



配役 = 衣料屋のおやじ、です。




あれから、四半世紀。



相変わらず、演じ続けています。



舞台や、画面でではありません。



ステップメールという媒体を利用して。





■ステップメールの効用



ステップメールの特性、メリットについては、

前回の記事でふれておきました。

   >>>ステップメールに関する前回の記事




「速効性」と「一貫性」

これが、ステップメールの特性、メリットです。



そして、初心者様でも、比較的簡単に

信用を築くことが可能な媒体、

それが、ステップメールという舞台です。




■名優


セリフ間違えない、というのは当たり前。

上手い役者というのは独特の表情、オーラを放ちます。



その昔、『都会の森』というTVドラマがありました。



司法修習を終えた主人公・八橋進介が、

父・宣明が検事である事に対する反発から、

期待に逆らい弁護士となる事を選びます。


そこで、さまざまな事例に遭遇し、

先輩に励まされつつ一歩ずつ成長して行く様を描いた名作です。


主人公の進介は高嶋政伸、父・宣明は、佐藤慶。



ひたむきな新米弁護士役・高嶋にも好感が持てましたが、

私は、東京地検検事正を演じる佐藤慶の静なる迫力に、

画面に釘付けになったことを覚えています。


「ひとつの悲しみを救うことは、別の悲しみを作ることだ」 


八橋検事正の名ゼリフです。



セリフ回しが上手い、表情の出し方が上手いというのもそうですが、

外面だけではなく、名優には内側から滲み出てくる「何か」があります。



その「何か」が、視る者を感動させていると思います。



その「何か」は、

決してシナリオにあらず、演出家の指導にもないと思います。



これは勝手な想像ですが、佐藤さんは、

検事という役柄に魂を入れ込んでいたと思います。

というより、

検事そのものになろうとしていたのではないでしょうか?



シナリオのどこにも書いていない、法律知識、法律家の思考、

検事の性向を、勉強し尽して、役に臨んでいたのではないか?



それが、何とも言えない、

内から滲み出るような迫力を生み出したのではなかったか?



こんなふうに考えます。





■リーマン、名優をめざす。


ここで皆さんに宣言したいと思います!


リーマンは、本日を持って、名優になることを目指します!!


しかも、脚本家も演出家も同時に目指します。


そのため、ブログの更新が遅れがちになるかもですm(_ _)m
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



14歳の春以来、

久しぶりに演技に磨きをかけたいという意欲が湧いてきました。



これまで、自分が演じるためのシナリオは

数え切れないくらいに書いてきましたが、

人様が演じるためのシナリオを書くことは少なかったです。



実は、ここのところ、人様のシナリオを書く機会に恵まれています。



これは、改めて私に、

演技というものの本質を考えさせてくれる機会にもなりました。



演じることに、責任を強く持とう!と思い直しました。



これはたいへんに有難いことです。





■私の演技歴・抜粋


最近も演技を続けていますが、例えば23日の演技結果です。







緑色の演目では、「美容アドバイザー」を演じました。


桃色の演目では、「恋愛アドバイザー」を演じました。


赤色の演目では、「医療ジャーナリスト」を演じました。


紺色と、一番下は、「演目なし」です。




もちろん、私の舞台は、「ステップメール」。

紺色は純粋にPPCですし、一番下はここ(ブログ)ですね。)




「演技する」と思うと、勉強が楽しくなります。本当ですよ。



自慢じゃありませんが、学校の勉強なんか大嫌いでしたから。



でも、「上手く演技しよう」と思うと、責任が伴います。



ステップメールという舞台では、

成り切らないと売れないんですよ!



成り切れない人は、売れません。



成り切るなんて、胡散臭いと思いますか?



でも、成り切らないと、成り立たないのです。



だから、成り切る。



だから、責任が生じる。



責任を果たすために、演目の事を勉強する。



シナリオで表現することなんか、勉強したことのごく一部です。

全部披瀝してなんかいたら、やってられません。



問い合わせ一本来たら、どう対応したらいいんですか!



その事をも考えて、勉強しなけりゃならないのです。



大変だと思いますか?



いや、とっても簡単です。




好きな演目で、演じたらいいでしょう。最初は。

勉強するのも楽しいと思います。




観客(読者)から、お問い合わせが来ても、慌てないでね。

しっかり応対しましよう。



そのためには、パイプを持っておくと楽ですよ。

自分より、演目について詳しい人。



一番身近にいるはずですよ。



「その商品の販売者」



今日は、ここまでにしときます。だいぶ喋った・・・

演目の見つけ方、パイプの作り方を知りたい方はお気軽にお声がけください!
>>>こちらクリック





今日もお付き合い頂き、本当にありがとうございました~



↓「人気ブログランキング」参加してみました~


スポンサーサイト

2008年06月28日 アフィリエイト考 トラックバック:0 コメント:18

あなたワールド~初心者でもカリスマ


ランキング参加中↑ 
一押し頂けたら大変うれしいですm(^^)m



ステップメールで情報商材が売りやすい理由・・・


それは、見込み客との1対1との関係性を構築しやすいからです。

つまり、「あなたワールド」を創出できるということ。





どういうことか。


その前に、情報商材のセールスレターの構成を考えてみましょう!





■セールスレターは勉強になる


情報商材のレターってこんな感じだと思います。


1.本人の信用を築く


2.本人の能力を見せる(知識、実績など)


3.商品説明(大事な所を隠す)


4・特典を付ける




売れるレターは、1番目、2番目の要素を見事に散らばしてます。

ここで閲覧者の心を掴めば、あとは楽でしょう。たぶん。



私はブログの記事を書くのがヘタくそですが、

うまい人のブログを読むと、やはりセールスレターと同じ。



信用を築く、能力を見せる。



これをうまく作用させている人は稼いでいると思います。



商品説明や、特典を用意するなどということは、

極論すれば誰にだってできるでしょう。

見せ方のうまい、へたは多少あるにしても。



初心者様にふつう出来ないのは、1番目、2番目です。




そこで、1番目、2番目の特性を考えてみましょう。





■1番、2番の特性


1番、2番ていうのは、読者に価値観を強烈に植え込む部分なのです。



3番、4番よりもそれは強いです。




売ろうとしている本人の価値観を

しっかり植え込むことが出来る人が、

売れる人です(と、ある販売の神様が言ってた)。



つまり、

自己紹介やエピソードは非常におろそかにできない部分なのです。

知識や実績を爽やかに伝えることができる技術も大切な要素です。




ご納得いただけましたか?

いただけなくても次に進みます(笑)




まあ、このようにエラそうに言っている私自身、

ブログでは、あまり1番目、2番目に力を入れていない、

というか全体的に戦略的ではありません~と反省の日々です(苦笑)



なので、説得力がないかしれませんが、

1番目、2番目が重要だよ!ということで、

とりあえず納めてやってください(願)。




言い訳を一つすると、

ブログで「それ」をやるのはわりと難しいのです。

というか、時間がかかりますね。



ひと口にブランディングと言いますが、

一般にこれは、時間か金がかかります。




それで私、ブログで楽しているぶん、

ステップメールに力を注いでいます。




ある時から、ステップメールが一番簡単だ!と、

気づいてしまったからです。




■メルマガ、似て非なるもの


何が簡単か。



言うまでもなく、1番、2番。



価値観を、読者にしっかり植え込むことが簡単なのです。




考えてみてください。



書き手と読み手の間には

書き手の価値観を並べた言葉しかありません。

邪魔な情報一切が排除されているのです。



メルマガでも同じじゃないかと思うかもしれませんが、

そうではありません。



メルマガとステップメールは似て非なるものです。



たしかに、

メルマガは視覚的に邪魔な要素を入れる余地を与えませんが、

時間という物理的な事情に左右されます。



「事情が変わった」

「なので、今日からはコレを紹介するのやめよう」

こうしたことが起こりやすいのがメルマガです。



ステップメールではこのようなことは、基本ないですよね。

あらかじめ、シナリオがプログラムされていますから。



だから、ステップメールの最大の欠点というのは、

「事情を変えられない」ということにもなります。



ところが、この、

「事情を変えられない」という事情によって、

バツグンの信頼感を構築できるのがステップメールなのです。



書くテーマを絞り込んで、

しっかりと事前の準備(取材、勉強)をやっておけば、

1番目、2番目を表現することも難儀じゃありません。



ここが最も読者との距離を縮め、価値観を植え付け、

共有しあえる部分であろうかと思います。



人によっては、価値観を植え付けることを

「リスト教育」とも言います。



ここさえ出来れば、ステップメールもその他の媒体と同様、

3番目を書くのはラクチンです。

(4番目が必要かどうかはその都度考えてください。)




■速効性と一貫性



ステップメールの特徴は、「速効性」と「首尾一貫」です。



読み手は、どこを見ているか。



1番目、2番目です。



一般によく知られた商品なら、

3番目は不要だ!と思う人がいるくらいです。



みんなが「良い」とレビューしている商材、

実は、3番って、読み手側からは軽視されています。

<わかり切っているからです>



だから、初心者はツライのです。

だから、研鑽を重ね、1番、2番を構築するまで、

ガマンするのです。


3番、4番を磨いたって、それほど稼げません。





ステップメールはここをワープします。


数時間の事前の準備(取材、勉強)さえしておけば、

独自のワールドをいきなり演出することが可能です。



いきなり「この人、すごい人!」と思わせることが可能です。




読者に価値観を植え付けた瞬間です。



これが「速効性」。




続いて、「首尾一貫」ですが、

これは信頼性に直結します。



よくある話でいうと、

昨日はこの商材がいいと言っておきながら、

今日は、こっちのほうがいいよと言う。



ブログやメルマガでアフィリしていると、

どうしてもこのようになってしまいます。



1番目、2番目が出来上がっている人なら良いのですが、

そうでない場合は、ひどいことになります。



「首尾一貫していない」

「信頼できない」


と、こうなります。



ステップメールのシナリオ1セットで、

1つの商品に徹すれば、

このようには成り得ません。


つまり、矛盾を起こしにくい媒体なのです。



なので、アフィリエイトの初心者様でも、

信頼されることが、極めて簡単です。



「数回の記事で、信頼などされるものか!」

と、誤解されているのがステップメールなのです。



それは本当に超誤解としか言いようがありません。



その狭い空間で、1番目、2番目を演出できさえすれば、

初心者も上級者もありません。




ぜひ、ステップメールで、

ご自分のワールドを創り出してみてください!







PS

シナリオを構成する際には、

この教科書が本当に役に立ちましたので、

紹介しておきます。

私の教科書


特典はこちら
http://damesalatokuten.blog122.fc2.com/blog-category-1.html



PS2

シナリオが書けないという人に雛型が用意されています。

私のシナリオも差し上げます。
http://damesalatokuten.blog122.fc2.com/blog-entry-126.html




今日もお付き合い頂き、本当にありがとうございました~

ご相談などお気軽に何でも!(こちらクリック)

↓「人気ブログランキング」参加してみました~


2008年06月27日 アフィリエイト考 トラックバック:0 コメント:10

序盤戦と変化球


ランキング参加中↑ 
一押し頂けたら大変うれしいですm(^^)m




今回は、こんな話をしてみたいと思います。


1.入口から興味

2.感動と不安解消







売れない時、行き詰った時には
この2つの要素のうち、
どの部分がダメだから売れないのかを意識します。


一人の読み手があなたのところから商品を買うまでの流れ~


その「序盤戦」です。





■1.入口から興味


まず、何らかの理由で読み手はあなたのことを知ります。

偶然かもしれないし、必然かもしれない。


とにかく、何かきっかけがあってあなたのサイトに訪れます。



次に読み手は、あなたのサイトに少しだけ興味を持ちます。

ここは必然的に、サイトに興味をもっていただくような

仕掛けが必要です。



すると、記事を読んでみようという気分になっていただけます。

ブログ、サイトの記事を引き続き読んでもらうか、

ステップメールにお導きするか。

あるいは両方。


(私的にはステップメールのほうが得意です。)

(読み手と1対1の関係をより演出できるので、話やすいです。)



いずれにしましても、

記事の序盤で読み手の心を掴むことが大切です。



記事の序盤で決まります。


・その情報が読み手にとって必要なのか


・それとも、しばらくになってから必要なのか



これによって、読み手に続けて読んでもらうか、

離れてしまうかが決まります。



ステップメールなら、

1回目、2回目のシナリオが勝負です。


ここで、必要と思っていただくこと。


読み手の心は、ぐっ、とあなたに釘付けになります。



これが感動です。






■2.感動と不安解消


ブログやサイトの記事の序盤、

あるいは、

ステップメールの1、2回目で

感動をいただけた場合には、

そのままお買い上げになる場合もあります。



私の場合、ステップメールでは

1回目、2回目にアフィリリンクを

入れることって、基本的にありませんが、

それでも、お買い上げいただけることがあります。



お問い合わせメールがくるのです。

それにお答えするだけです。





しかし、


お買い上げになったとしても、

ガッカリさせてしまうこともあります。



「期待はずれだったと」



これは、お勧めした商品が悪いというより、

読み手の感動の度合いに左右されるものです。




とにかく、こうした不満要素を取り除いて差し上げることが、

アフィリエイターの仕事で最も重要な部分だと思います。




対応しだいによっては、


・読み手はあなたのファンにもなり、

・批判者にもなります。




あなたの対応によっては、

一度、怒りを覚えた読み手ですら、

一気にファンになることもあります。



怒りが大きかったぶんだけ、

(振り子の原理のように)

急激にお近づきになっていただけるのです。




私が気をつけていることは2つです。



(1)知っている情報全てを書かない


(2)商品販売者と接点をもつ



一応、これだけです。



(1)は、

サービス精神旺盛な方は特に要注意だと思います。

いい情報を仕入れたら、何でも提供しようとします。



剛速球を投げることはできても、

状況に応じて球種を使い分けることが出来ない投手です。



別の球種を隠し持っているからこそ、

状況の変化にも対応できるのです。



なので、1つの記事に対しては、

それに反論する情報を整理しておきます。


「裏情報」です。


そして、

自己批判しつつ、それも否定してみます。

つまり、「やっぱりコレいいでしょ?」

というふうに、元に戻ります。



そうは言っても、いちいち面倒です。



「えらそうに、リーマンはできているのか?」

と問われれば、完璧になどできていません、

ってことになりますが・・・



でも、ちょっと意識するだけでも、

変化球を投げることが可能になると思います。




(2)についてですが、

これは私の偏見も多分に入ります。


販売者さんと接点を持っているアフィリエイターさんて、

意外と少ないような気がするのです。



読者との交流を大切にするのと同様に、

販売者との交流にももっと積極的になるべきです。



今はやめてしまった私の旧メルマガ~

「だめサラリーマン逆襲のアフィリ事情」は、

表と裏合わせて、最終的に1万部の読者さんに

ご登録いただきましたが、


「1万部のメルマガを持っています」と言えば、

大抵の販売者さんは話を聞いてくれます。



聞いてくれるだけでなく、

商材をご提供いただくこともあるし、

ふつうでは得難い情報をこっそり教えてくれます。



かなり、ずうずうしい言い分も通してきましたが、

こうして得た情報の中には、読者さんご購入者さん

にかなり役立つと思われるものもあります。


なので、

時と場合を考えて、差し支えない範囲で情報提供します。



こうしたエゲツナイ行為を繰り返しているのも、

これも、アフィリエイターとしての仕事の一環として

考えているからです。

ある種、「責任」でもあろうかと。




でも・・・

「ボク(わたし)はメルマガ1000部しかないんだけど」

って人。



大切なことは、臆せず接することです。



そこで私も臆せず申し上げますが、

アフィリエイター以上に販売者は、

アフィリエイターとの接点を持つことが

苦手な人多いです。




アフィリエイター出身の販売者さんは

そんなことはないんだけど、


稼ぐ系以外のジャンルの販売者さんには

ほんと、多いとの印象を持っています。




500部だろうが1000部だろうが、

真摯に語りかければ、通じないことないです。



事実、私も1000部ちょっとしかもっていない頃、

ある販売者さんと接点を持って、

いろいろアドバイスを頂いた経験があります。



発展途上にある、あなたの可能性を売り込んでください。



これが通用しないような販売者なんか、

徹底して無視しちゃいましょう(笑)






自分の可能性を信じてください。

それができる人なら、

読み手に何かを与えられるはずです。



■参考

(1)
私の唯一のライティング教科書


(2)
原稿提供してます(都合上、今月末まで)
 



PS


無料レポートダウンロードセンターの“れぽまが”

をご存じですか?⇒ こちら



その“れぽまが”がこんなキャンペーンをやっています。

6月30日まで



ずいぶんうまい話なので、本当に大丈夫なのか?

と思ったりしちゃいますが、

無料なんで登録がまだならこの際いかがでしょう。


新規登録ページ⇒ こちら



読者数が大きくなれば、

それはそれで、有利です。



それだけではダメでしょうけどね(笑)





今日もお付き合い頂き、本当にありがとうございました~

ご相談などお気軽に何でも!(こちらクリック)

↓「人気ブログランキング」参加してみました~


2008年06月26日 アフィリエイト考 トラックバック:0 コメント:5

| 情報商材アフィリエイト考~リーマン流~TOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。