スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ゼウス PPC レビュー:「ゼウス」アドワーズ完全攻略法・・・第二次検証結果


ランキング参加中↑ 
一押し頂けたら大変うれしいですm(^^)m




少しお久しぶりとなりました。
情報商材アフィリエイト考のリーマンです。



前回は「ゼウス」アドワーズ完全攻略法のノウハウを使って、
1週間程度経過した際の状況を報告しました。

>>>前回の記事はこちら


それから約2週間経った現在、私のアドワーズの
管理画面がどうなっているかをお見せします^^


※画像をクリック、拡大してご覧下さい!
 ↓ ↓ ↓



はい。エライことになってます(笑)

昨日(17日)一日のクリック数です。

予算的には、もうこのくらいでストップしてもいいかも。



でも、おそらく、このままあと数週間放っておけば、
まだまだクリックされることでしょう・・・


ゼウスの効果は、1ケ月以上過ぎてからが、
爆発するからです。


本当は、ここで入札単価を上げるといいんですよ、ゼウス的には。


ゼウスのセオリー通りに行きますと、
最初は抑え目の単価で入札しておき、

1つの広告グループで、200とか300とか
ある程度クリックされるようになってから、
少し単価を上げておくのです。


すると、一定期間また放っておくと、
ある日突然爆発的にクリックされるようになる・・・


こうして、1つの広告グループで、
1日に3000以上とか集めたいだけ集めたら、
今度は逆に単価を下げていくというのです。


この時期になると、単価を下げても大丈夫。
品質スコアが保たれて、表示回数、クリック数が落ちることは
無いって言うんですね、販売者(川田氏)さんが。



でも、まあ・・・

私のような一個人のアフィリエイターレベルでは、
正直言って、この程度を維持できれば十分です^^
 ↓ ↓ ↓



なので、このまま単価を上げずに、
しばらく静観しておきます(笑)



ここまでのお話でお気付きかと思うのですが、
ゼウスを実践し始める場合は、入札単価を
極力抑えておかなければいけません。


しっかりDVDをご覧になって良く考えながら行動すれば、
平均単価10円以下でも十分すぎるほどクリックされます。
 ↓ ↓ ↓



私の管理画面を少し補足しますとご覧いただければ分かりますが、
ゼウスの指示通りコンテンツマッチ主体でアドワーズを管理してます。


中ほどの緑で囲んだキャンペーンにご注目いただきたいのですが、
ここだけは、私のオリジナルのノウハウにゼウス式を取り入れてみました。


なので、検索ネットワークのクリック数も低単価の割りに、
かなりクリックされていることが分かるかと思います。



これは企業秘密です。(笑)


それぞれのキャンペーンには、
広告グループを2~4個設定してありますが、
一つのキャンペーンで同じ商材をアフィリエイトしています。
(※但し、一番上のキャンペーンは商材ではありません)



で、昨日(17日)の成果ですが、
情報商材(インフォトップ)でこれだけ稼ぎました。




1日の成果としては、まずまず良い感じです^^


たぶん、今日のアクセスから本日以降もいくらか売れるでしょう。



アドワーズのロボットに気に入られるキャンペーンと、
広告設定さえ出来れば、かなり低価格でアクセスを
集めることが出来、報酬にも繋がることは、
以上、ご覧いただいたとおりです。



とにかく、アドワーズのコンテンツマッチでクリックを
爆発させたいという向きには、ゼウスはかなり有効です。



他の商材との比較も以前しておきましたので、
そちらも参考にしていただければ幸いです^^


⇒『ゼウス』以前のレビューへ飛ぶ!

※なお、『ゼウス以前のレビュー』の中にあるように、
  ご購入者特典の中に「お宝キーワード抽出法」 というものを
  追加しましたが、これは私の企業秘密そのものをバッチリ!
  お教えしちゃいますので、ご期待ください^^









※お問い合わせは・・・

⇒ こちらからご連絡ください!



↓「人気ブログランキング」参加してみました~


スポンサーサイト

2008年11月18日 情報商材レビュー トラックバック:0 コメント:0

<< ゼウスで1日1389クリック! | 情報商材アフィリエイト考~リーマン流~TOP | 『ゼウス』 3000人以上の購買意欲の高い見込み客を・・・第一次検証結果 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。